ケミカルピーリングってどう?

ケミカルピーリングって最近聞くようになったのですが、何に効果があるのでしょうか?

一般的にはニキビやシミ、小じわに効果があるとされています。
これは日本皮膚科学会のケミカルピーリングガイドラインによってすすめられているんですね。

上で挙げた3つのどれについてもグリコール酸とサリチル酸(マクロゴール基剤)を使います。

グリコール酸によるケミカルピーリングの詳しい効果としては、以下のものがあります。

・メラノサイトによって生成されるメラニンを抑えます。

・増加セラミドによって、盛んになったヒアルロン酸が肌の水分保持力をキープしてくれるように。

・角質細胞の結合を緩めることによって、ターンオーバーを促進させてくすみやシミを改善します。

毛穴に詰まっている皮脂を除去することによってできた大きく開いた毛穴の入り口の過角化を改善して毛穴を収縮させます。
活動性のニキビであったり、割と新しいニキビ跡を改善するようになります。

真皮成分であるコラーゲン繊維やエラスチンなどの生産を促進させます。
それによって表皮直下の真皮を再構築させて肌にハリを出させてくれるんですね。

ところでそもそもケミカルピーリングとはどういったものなのでしょう?

治療の一種で皮膚に化学薬品を塗って、その僅かな表面を溶かして起こる症状を使って行う治療のことをいいます。

薬液はグリコール酸や乳液を使います。その他にリンゴ酸もつかいます。これはアルファヒドロキシ酸、サリチル酸、ベータヒドロキシ酸があります。

実はこれについての効果は、薬剤の種類であったり、濃度施術時間によって変わってくるんですね。
皮膚のタイプや状態に適した方法で使い方が変わってきます。

ケミカルピーリングは、顔ばかりではなくて、腕や背中ヒプ、バストといった部分も行うことができます。
お医者さんは、皮膚の状態によって酸性度の高い高濃度な薬剤も使うことができるんですね。それが一番効果的なんだとか。

About the Author