保湿についてよく考えてみる。

保湿というのは肌の水分量を保つことをいいます。
単に水分があれば良いとかそういったこととはちょっと違う。
日々のお手入れで、セラミドを中心として、保湿成分を角質に届けることが、一番効果的だということだといわれています。
セラミドは、水分保持力に優れている成分なんですね。

そして、角層には重要なポイントが3つあります。
角層ってよく聞きますけど、実際には同一t真緒野菜の勝手よく考えたことはなかったです。
で、じっさいに隠そうとは、肌の一番表面にあるものを指します。
肌の保湿をになっている3大要素皮と言われている、皮脂膜、天然保湿因子「NMF」、角質細胞間脂質がそろっているとされています。
もうこの時点でちょっと「?」な感じがしてきましたが、続けます。
皮脂膜は角層の中で水分を保持する働きの割合は2-3%、NMFは17-18%、角質細胞間脂質は80%という割合なんですね。
重点を置くべきところは、角質細胞間脂質ということになります。

ここさえ抑えれば保湿は保たれたようなもの何じゃないですかね。この角質細胞間脂質の主流分はセラミドで全体の50%を占めるとされています。

各層の間に水を抱え込んで、細胞同士を密着させるんですって。

コレが例えばアトピーのヒトなんかは、普通の、アトピーでない人と比べると、セラミの土の量が圧倒的に少なくて、だいたい1/3くらいしかないとされているんです。
いつも肌が乾燥している様に見えるのはそのためなのかもしれません。

 

それくらいセラミドが大事だというk遠ですね。

37歳主婦が綺麗な肌になりたい願望を叶えるためにすることとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です