毛穴の目立ちの原因は皮脂?

皮脂が原因で毛穴が目立つ?

 

毛穴が目立ってしまわないかいつも心配しています。特にこの暑い時期、化粧崩れとかで毛穴が目立ってしまうんじゃないか、と。

毛穴の目立つ原因というのは5種類あります。

 

開大毛穴と詰まり毛穴の原因は過剰な皮脂分泌によるもの。
若い頃からニキビができやすかった人は開大毛穴になりやすいです。l皮脂が参加してかなをつまらせて押し広げるんですね。これによって開大を悪化させるんです。
対策としてはオイルコントロール。

詰まり毛穴は、毛穴の入り口に、過剰な皮脂と角質が混ざった角栓が詰まった状態をいいます。

これが黒く見えるのは酸化しているから。

こうなると洗顔してゴシゴシしたくなるけど、逆で洗いすぎや潤い不足が原因で皮脂分泌が多くなることもあるんです。

ちゃんとした保湿をしていくようにしましょう。

皮脂についてはコントロールしていくようにしたいですね。
あぶらとり紙とかティッシュで皮脂をとっていますか?

過剰な皮脂というのはお肌にとっては悪影響でよくないんです。でも本来は皮脂は保湿の役割をしたり、肌艶をよく見せるとか大事な役割を果たしてくれます。

 

皮脂には、オレイン酸やパルミトオレイン酸やというものがあります。これが皮脂には遊離脂肪酸として含まれているんですね。

で、皮膚を乾燥させるなど悪影響を与えているのがこれなんです。

 

皮脂分泌が過剰だとバリア機能の定価と肌荒れを引き起こす原因となってしまうので、皮脂のコントロールと言うものが重要視されているんですね。

雨の日でも紫外線対策を忘れないようにするためには

雨の日の合間の曇りの日ってありますよね。
アレって紫外線ってどうなんだろうって思いませんか?

実はそれで日焼けしました。私。
意外と強いんですよね。紫外線。

実は夏と同じ程度の紫外線が降り注がれているみたいなんです。
うっかりしていたら紫外線のダメージが蓄積されてしまいますよ。

ということで、対応方法としては、雨傘でもいいのですが、できれば晴雨兼用傘というのがありますのでそういったものを使うようにしましょう。

それって雨用の傘にUV加工が施されていて、雨の日は普通の雨の費用の傘として使うことができて、晴れたら日傘として使うことができるすぐれものなんですね。

でもこれって雨に超強いってわけではなくて、普通の雨傘に比べると機能とかは劣るものが多いです。ある程度の雨はしのぐことはできるのですが、土砂降りのときにはちょっとしんどいかもしれません。

両用、ということを頭において買う時は注意してかいましょう。

肌サビ防止と疲労回復にはにんにくってどう?

雨の季節、外出できない日が続きますよね。そんな時はにんにく料理がおすすめです。

 

猛暑のニュースをよくみかけるようになりましたけど、まだまだ梅雨のところもありますし、雨が続いているところもあるんです。

湿度も高いのでなんか外出する気になれないとか。

そんな時は冒頭でも書きましたが、にんにくりょうりがいいです。バリエーションもあるのでいいです。

ちょうどにんにくは今が旬で、時期的には5月から7月とされています。

硫化アリルというものが、あの強い匂いの原因なのですが、いろいろと効果効能は、人の体にはいいんです。

まず、肌さびにいいんですね。肌さびにいいというか、肌さびの原因とされている活性酸素を取り除いてくれる作業があるんです。これを抗酸化作用といいます。

→  抗酸化について知っておくべきことは?

 

そして、ニンニクの場合は、ニンニクに含まれているビタミンB1が効果的に持続するとされているんです。

これっていうのは、硫化アリルがビタミンB1の吸収を助けてくれるんですね。

ということは、代謝を促進したり、疲れを取るのに効果的だとされています。

ニンニクを食べると疲労回復にいいとされているのはこういうことからなんですね。

でも、加熱を長時間してしまうと硫化アリルの効果が少なくなるので、できるだけ短時間で調理するようにしましょう。

 

抗酸化について知っておくべきことは?

抗酸化ってちょっと前に流行っていましたが、所詮流行っただけなんですか?今も大事なこと?

 

大事です。

抗酸化力がある食べ物を積極的に食べていきましょう。細胞レベルで錆びにくくなるとされています。
とくにさび肌になりにくい、ということで私はずっと続けています。

これって今も人気でずっと抗酸化作用の高い食物を探している人もいるんです。

 

抗酸化って何がいいのかというと、やっぱり活性酸素をやっつけるためなんですね。
この活性酸素が増えてしまうとよくないんですよ。

これが増えてしまうとなると、がんや脳卒中になってしまう確率が上がるとされているんですね。白内障も該当するのですが、全く別物の病気なのですが、根源を辿っていくと活性酸素にたどり着くんですね。どれも。

これって相当良くないと思いませんか。

抗酸化力を養うために手っ取り早いからってサプリだなんだってありますけども、実際には野菜とか食物から摂ったほうがいいんですよね。バランスもいいし。

 

サプリに頼るな、ということではないのですが、まぁ補助的なポジションと捉えておきましょうということなんです。

 

ところで悪者とされているカッセ酸素なのですが、一体何が行けないのでしょう。

人間、生きていく上では酸素は必須なのですが、これが全て体の中で活かされているのかというとそういうわけでもなくて、一部は活性酸素に変わっていくんですね。

 

活性するからいいんじゃないのって思ってしまうんですけど、あまりに活性してしまうとよくないんです。端的にいうと活性しているわけですから、色んなものとひっつきやすくなっているということなんです。
酸素なので、ひっつくことによって、相手を酸化扠せたり変質させたりしてしまうんですね。

これで錆びた10円玉を想像しましたけど。

これが10円玉じゃなくってお肌だとしたら?有り得る話なんですね。

 

でも活性酸素は全部が全部悪者なのかというとそうでもなくて、胎内に侵入してきた最近を取り除いたり白血球などの免疫機能の一部として最近を攻撃してくれたりします。あとは水と結合して水になり、体外へ水素を排出してくれたりもします。