毛穴の目立ちの原因は皮脂?

皮脂が原因で毛穴が目立つ?

 

毛穴が目立ってしまわないかいつも心配しています。特にこの暑い時期、化粧崩れとかで毛穴が目立ってしまうんじゃないか、と。

毛穴の目立つ原因というのは5種類あります。

 

開大毛穴と詰まり毛穴の原因は過剰な皮脂分泌によるもの。
若い頃からニキビができやすかった人は開大毛穴になりやすいです。l皮脂が参加してかなをつまらせて押し広げるんですね。これによって開大を悪化させるんです。
対策としてはオイルコントロール。

詰まり毛穴は、毛穴の入り口に、過剰な皮脂と角質が混ざった角栓が詰まった状態をいいます。

これが黒く見えるのは酸化しているから。

こうなると洗顔してゴシゴシしたくなるけど、逆で洗いすぎや潤い不足が原因で皮脂分泌が多くなることもあるんです。

ちゃんとした保湿をしていくようにしましょう。

皮脂についてはコントロールしていくようにしたいですね。
あぶらとり紙とかティッシュで皮脂をとっていますか?

過剰な皮脂というのはお肌にとっては悪影響でよくないんです。でも本来は皮脂は保湿の役割をしたり、肌艶をよく見せるとか大事な役割を果たしてくれます。

 

皮脂には、オレイン酸やパルミトオレイン酸やというものがあります。これが皮脂には遊離脂肪酸として含まれているんですね。

で、皮膚を乾燥させるなど悪影響を与えているのがこれなんです。

 

皮脂分泌が過剰だとバリア機能の定価と肌荒れを引き起こす原因となってしまうので、皮脂のコントロールと言うものが重要視されているんですね。