いいシワと悪いシワなんてのがあるの?

いいしわとか悪いしわがあるって聞いたことあるのですが、これって本当でしょうか?

特にほうれい線に関して意識してくるようになってきて、最近大きくなってきたって不安になっているんですよね。

ほうれい線って本当になくなってほしいなって思います。
あんまりシワッテ者の印象としてはいいことがないんどえすが、いいシワなんてよくわかりませんよね。

このほうれい線なのですが、2種類あったのってご存知でしたか?
これがニコッと笑うことによって顔にできてしまう口元のシワは、豊かな表情をつくるというもの。

これが何か食いしばっているような感じの顔、俗に言うしかめっ面の場合は、シワが多くて、特にたてのシワが多いので良くないとされています。これが笑った時にできてしまう笑いジワは横皺とも言われていて、幸せになるとされているんですね。

できてしまうシワがあるのならば、こういった幸せになれるようなもののシワのほうがまだいいですよね。

シワは表情をつくりますし、できるのであれば喜ばしいシワが理想ですよね。

手の甲のシワから考えるアラフォーのためのアンチエイジングとか

保湿についてよく考えてみる。

保湿というのは肌の水分量を保つことをいいます。
単に水分があれば良いとかそういったこととはちょっと違う。
日々のお手入れで、セラミドを中心として、保湿成分を角質に届けることが、一番効果的だということだといわれています。
セラミドは、水分保持力に優れている成分なんですね。

そして、角層には重要なポイントが3つあります。
角層ってよく聞きますけど、実際には同一t真緒野菜の勝手よく考えたことはなかったです。
で、じっさいに隠そうとは、肌の一番表面にあるものを指します。
肌の保湿をになっている3大要素皮と言われている、皮脂膜、天然保湿因子「NMF」、角質細胞間脂質がそろっているとされています。
もうこの時点でちょっと「?」な感じがしてきましたが、続けます。
皮脂膜は角層の中で水分を保持する働きの割合は2-3%、NMFは17-18%、角質細胞間脂質は80%という割合なんですね。
重点を置くべきところは、角質細胞間脂質ということになります。

ここさえ抑えれば保湿は保たれたようなもの何じゃないですかね。この角質細胞間脂質の主流分はセラミドで全体の50%を占めるとされています。

各層の間に水を抱え込んで、細胞同士を密着させるんですって。

コレが例えばアトピーのヒトなんかは、普通の、アトピーでない人と比べると、セラミの土の量が圧倒的に少なくて、だいたい1/3くらいしかないとされているんです。
いつも肌が乾燥している様に見えるのはそのためなのかもしれません。

 

それくらいセラミドが大事だというk遠ですね。

37歳主婦が綺麗な肌になりたい願望を叶えるためにすることとは?

隠れ乾燥肌ってなんでしょう?

隠れ乾燥肌ってなんでしょう?

 

カサカサな肌とか硬めの肌とか肌をチェックしてみましょう。

その場合は、だいたい本当に水分が足りてないんじゃないかなって思います。
現に水分が足りてないんとされています。

夏の場合は、汗を書くので、それが理由で潤ってしまっていると勘違いしてしまう人も。ちゃんと汗をかいていたとしても本当のところ肌は乾燥しているなんてことも十分にアリえます。

なんとも難しいところなのですが。

夏から秋にかけて、乾燥やくすみシワなどができないようにするためには、どういった対策を施していけばいいのでしょう?

以下の項目で5つ以上該当してしまう人は、乾燥肌についてちゃんと対策をねっておく必要があると思います。

  • 隠れ乾燥肌の確認調査
  • タバコを吸う
  • 便秘だ
  • 毎日睡眠不足
  • エアコンがガンガン聞いている部屋でしかもデスクワークを長時間している
  • 夏は潤っていると思うので、保湿クリームは使わない。
  • 洗顔は肌がごしごしいうまでする
  • ちょっとしたお出かけ、ちょっとそこまで洗濯物を干す程度では日焼け止めは塗らない
  • 肌のカサつきは冬になる時になる。
  • 肌のキメが粗い
  • 毛穴が目立つ
  • 化粧のノリが悪い

ケミカルピーリングってどう?

ケミカルピーリングって最近聞くようになったのですが、何に効果があるのでしょうか?

一般的にはニキビやシミ、小じわに効果があるとされています。
これは日本皮膚科学会のケミカルピーリングガイドラインによってすすめられているんですね。

上で挙げた3つのどれについてもグリコール酸とサリチル酸(マクロゴール基剤)を使います。

グリコール酸によるケミカルピーリングの詳しい効果としては、以下のものがあります。

・メラノサイトによって生成されるメラニンを抑えます。

・増加セラミドによって、盛んになったヒアルロン酸が肌の水分保持力をキープしてくれるように。

・角質細胞の結合を緩めることによって、ターンオーバーを促進させてくすみやシミを改善します。

毛穴に詰まっている皮脂を除去することによってできた大きく開いた毛穴の入り口の過角化を改善して毛穴を収縮させます。
活動性のニキビであったり、割と新しいニキビ跡を改善するようになります。

真皮成分であるコラーゲン繊維やエラスチンなどの生産を促進させます。
それによって表皮直下の真皮を再構築させて肌にハリを出させてくれるんですね。

ところでそもそもケミカルピーリングとはどういったものなのでしょう?

治療の一種で皮膚に化学薬品を塗って、その僅かな表面を溶かして起こる症状を使って行う治療のことをいいます。

薬液はグリコール酸や乳液を使います。その他にリンゴ酸もつかいます。これはアルファヒドロキシ酸、サリチル酸、ベータヒドロキシ酸があります。

実はこれについての効果は、薬剤の種類であったり、濃度施術時間によって変わってくるんですね。
皮膚のタイプや状態に適した方法で使い方が変わってきます。

ケミカルピーリングは、顔ばかりではなくて、腕や背中ヒプ、バストといった部分も行うことができます。
お医者さんは、皮膚の状態によって酸性度の高い高濃度な薬剤も使うことができるんですね。それが一番効果的なんだとか。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !